岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす

岡山市中区江並にある懐かしい自然食日替わりランチのお店「ふれんどはうす」では、長岡式酵素玄米ごはんと野菜の重ね煮、麹 (手作りの塩麹、醤油麹、甘酒)の発酵食品を毎日使って体にやさしいお料理を心をこめて作っています。

謹賀新年 今年もよろしくお願いいたします

昨年不覚にも体調がすぐれずこのままだとダメと判断して12月20日から年明け
1月14日までお休みをいただきました。
粗食を10日間、1日2食を一汁一飯にすると体の中がリセットされ調子が整ってきました。
酵素玄米ご飯と具沢山のみそ汁で充分でした。
体調がすぐれないにはとき副菜は少なく食べること、自然食に関わっている先生は皆さんおっしゃいます。
その通りでした、体調も戻りました、1月15日からまたランチを作ります。
10日には麹も届くので色々仕込み皆様に元気にお目にかかれるよう頑張ります。
本年もよろしくお願いいたします。
12月の料理教室第92回
12月料理教室
芋きんとん
材料
さつまいも 300g
米麹甘酒 大さじ2
きな粉 大さじ2
塩 少々
作り方
1. さつまいもは柔らかくなるまで蒸して皮を剥ぎ、塩を加えフードプロセッサーでつぶしておく
2. 甘酒・きなこ・塩を入れ固めのペースト状にする
3. 計量スプーンの大さじ1杯分を取り、手でお団子のようにきれいに丸めたら出来上がり

人参とごぼうの昆布巻き
材料(4人前)
昆布 2枚
水 400ml
人参 1本
ごぼう 1本
醤油 大さじ1.5
みりん 大さじ2
昆布巻きを並べてから
追加するもの
だし汁 150ml
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
甜菜糖 大さじ2〜3
干瓢 少々
作り方
1. 昆布をさっと水につけて柔らかくします
2. ごぼうは昆布の幅に切り蒸し煮しておかく、人参はゆでておく
3. 干瓢をもみ洗いし、塩小さじ1で揉み熱湯をかけておく。
4. 昆布にごぼう人参を交互において干瓢で縛りますが昆布を煮ると膨らむのできつく結ばない。
5. お鍋に昆布巻きを並べだし汁汁を入れて弱火の中火で時々転がしながら煮ます。昆布が柔らかく煮えてから調味料を入れ弱火で煮含めてゆきます。豆腐は
6. 10分ほどで一旦火を止めて、次の日に10分煮出来上がりです。味がよくしゅんで美味しくなります。
精進伊達巻
材料
かぼちゃ 1/4個
木綿豆腐 1/4丁
塩小さじ 1/2
甜菜糖 小さじ2
粉寒天 小さじ1
作り方
1. かぼちゃ柔らかく蒸す豆腐はキッチンペーパーで包み重しをする
2. オーブン200度に予熱する
3. すべての材料をフードプロセッサーで滑らかにしオープンシートを敷いた鉄板にゴムベラなどで1.5僂曚匹吠燭砲靴董⇒焦したオーブンで25分〜30程度焼く。
4. 巻きすを広げて焼きあがった記事を逆さに乗せオーブンシートをはがし手前から巻いていき、輪ゴムなどをしてさます。

年末年始の休業のお知らせ

年末は12月20日(木曜日)まで営業いたします。
  
12月21日から2019年1月14日火曜日
までお休みいたします。

年始は1月15日(火曜日)より営業いたします。

長いお休みとなりますが、よろしくお願い申し上げます。


なお12月25日火曜日
長岡式酵素玄米講習会は今回中止とさせていただきました。

次回日程が決まりましたらお知らせ申し上げます。
よろしくお願いいたします。

紅麹の減塩塩こうじ

粒の紅麹を米麹と一緒に減塩で塩こうじにしてみました。
甘くて彩もきれいです。
紅麹入りの減塩塩こうじでお漬物、紅麹パウダーを入れてお豆腐を作りお醤油代わりに乗せていただきました。
効能はまだ勉強不足でこれから調べます。テレビの影響はすごくお客様が甘酒を作って飲みたいと要望があったのでまた仕込みます。

20181129_16140120181129_161455DSC_1033
記事検索