岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす

岡山市中区江並にある懐かしい自然食日替わりランチのお店「ふれんどはうす」では、長岡式酵素玄米ごはんと野菜の重ね煮、麹 (手作りの塩麹、醤油麹、甘酒)の発酵食品を毎日使って体にやさしいお料理を心をこめて作っています。

第85回・3月の料理教室(麹を使った)

3月の料理教室は塩麹、甘酒、醤油麹、麹パウダーを使っています。
・甘酒を使ってすきやき風のたれをかけたグラタン(甘酒・醤油)
・切干の重ね煮を使ってスープとオムレツを作りました。(塩麹・生姜ニンニク)
・野菜のゆず味噌、ゆず味噌蓮根、精進ギョウザ(さつまいも・味噌・塩麹)
・さつまいものおから煮(おから・豆乳、塩麹)
すべて野菜の持つ甘みを利用したり、甘酒を使ったり体にやさしいお料理を作りました。

IMG_20180318_024448

オムレツに塩麹を入れるとふんわり焼けます。
IMG_20180318_025103

2月の料理教室

車麩と炒り大豆の煮物、豆腐の精進茶わん蒸し、高野豆腐の麻婆ねぎ、簡単小松菜の煮びたし、はちみつレモン大根漬け、イワシのつみれ汁、酵母甘酒作り方、アルコールが発酵する前をのみます。
2月の料理教室

「酵母菌」は、腸内で善玉菌として働き、悪玉菌と戦って腸内環境を整えてくれます。また糖分やアルコールをガスに分解してくれ、カロリーの吸収を抑えられるそうです。

ふれんど。はうすの歩み

母と二人
(事業開始の経緯) 
この地で30年間営んでいたスーパーマーケットの閉店がきっかけです。
第二の人生をどのように過ごしてゆくか、何か出来ることは無いか考えている時
商工会連合会が主催する「女性創業塾」に参加しました。
マーケティングや事業プランを勉強してゆくうちに
「地区の仲間が集まり、人生を楽しむお手伝いの場を作りたい!!」という思いが 強くなり平成15年9月に設立しました。

そして6年がたち友人や母に支えられて少しづつふれんどの輪も大きくなっています。そのひとつに自然食との出会いがありました。倉敷の元気屋の山崎先生を始め、長岡式酵素玄米の新井先生には食の大切さを教えていただきました。今まで私の子供たちに料理など教えることはなかったのですが岡山商工会連合会主催の「岡山BtoBWedマスター養成講座」に参加して村上肇先生のご指導でブログを立ちあげることが出来ました。これなら遠くにいる人にも伝えることが出来るときずきました。これからの私の課題としてお料理の基礎、昔から伝えられている家庭料理を勉強し若い方々に伝えて行けたらいいかと思っています。

続きを読む
記事検索