岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす

岡山市中区江並にある懐かしい自然食日替わりランチのお店「ふれんどはうす」では、長岡式酵素玄米ごはんと野菜の重ね煮、麹 (手作りの塩麹、醤油麹、甘酒)の発酵食品を毎日使って体にやさしいお料理を心をこめて作っています。

2016年07月

お盆休みのお知らせ

暑中お見舞い申し上げます。
暑い日がこれから本番熱中症にならないよう水分の補給はこまめにしましょう。
薄めの甘酒と塩少々のドリンクをペットボトルに作り
冷蔵庫で冷やしておけば美味しい飲む点滴が出来ます。
これで夏バテ防止もバッチリです。
リンゴジュースを1割混ぜれば甘酒の嫌いな人や子供が喜んで飲みます。
お試しください。

8月11日(木)〜8月16日(火)まで
8月17日(水)から通常通り営業いたします。



麹パウダー煮物に使いました。

麹をもっと食してみませんか?
糀の生み出す酵素は複雑な旨みを作り出したり、体内酵素の働きを助けてくれます。生み出される酵素の中で代表的な「アミラーゼ」は、でんぷんをブトウ糖へと分解し、「プロアテーゼ」はたんぱく質をアミノ酸(旨み成分)へと分解します。
この分解作用により旨みが増したり、食品を軟らかくしてくれるのです。
糀により消化の良い状態になっている食物は、胃腸への負担を和らげ栄養の吸収を良くし、整腸作用や美肌、免疫力強化などの効果に繋がります。


IMG_20160710_145121
野菜を煮る時、麹パウダーを入れて柔らかくなるまで煮てから味付けしました。
野菜がほんのり甘く味付けも薄目で美味しく味がしみました。
小松菜の胡麻和えは茹でた小松菜に麹パウダーと醤油とゴマでやさしい味の和えものが出来ました。
IMG_20160722_112754

トマト、玉子のチーズグラタン、粉チーズに麹パウダー、ハーブを混ぜて
とろけるチーズの上にかけて焼きました。
素材を考えて塩を足したり、そのままで美味しく素材の味を引き出してくれます。

IMG_20160722_113451

塩麹・甘酒の作り方・使い方教室終了しました

塩麹、甘酒、醤油麹の作り方を勉強して
色々な使い方をお知らせしました。
使う分量が分からない人がほとんどで、うまみを引き出す役目ですよ、
材料の10%でいいのでと何度も言いました。
わかりました家で作りますと喜んでいただきました。
試食も皆さん満足、美味しいびっくりポンでした。
ありがとうございました。

IMG_20160709_133929

尾道自由大学の糀ニューワールド講座に行って

先週土曜日(7月2日)
尾道で開催された尾道自由大学の糀ニューワールド講座に行ってきました。
講師の浅利妙法さんの熱いお話を聞きとても刺激を受けました。
塩麹や甘酒ににとどまらず
糀の持つ力を勉強しなおしてみなければと思いました。
そして糀パウダー、キスケ糀に出会いました。
塩麹や甘酒など作れない方にも手軽にコショウや塩をふる感覚で利用できるのでお勧めです。

糀屋本店ホームページはこちら

塩麹・甘酒の作り方・使い方教室

甘酒の季節がやってまいりました。
今年の暑さを乗り切るために甘酒作りはじめませんか

7月9日(土曜日)10時30分より塩麹と甘酒の作り方教室を開催いたします。
ご予約受け付けています。
塩麹や甘酒の使い方が分からない方も是非ご参加ください。
色々な使い方レシピも差し上げます。


連絡先
  TEL 086-277-1999  ふれんどはうす(高田)
参加費 
  2000円。(甘酒と塩麹のお持ち帰りあります)
記事検索