岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす

岡山市中区江並にある懐かしい自然食日替わりランチのお店「ふれんどはうす」では、長岡式酵素玄米ごはんと野菜の重ね煮、麹 (手作りの塩麹、醤油麹、甘酒)の発酵食品を毎日使って体にやさしいお料理を心をこめて作っています。

料理教室

89回7月料理教室

今月は食欲の出るメニューにしました。
89回7月料理教室

青シソのピリ辛ゴマ味噌
材料
青シソ 200g(たっぷり) すりごま 100g 赤唐辛子 8本
味噌 500g 砂糖 150g 削り節 20g サラダ油 大さじ3 甘酒50g

作り方
1. 青シソは葉をくるくる巻いて細い千切りにしざく切りする。
2. 鍋にサラダ油と唐辛子を入れ中火で炒め焦がさないよう香り付けする
3. 青シソの半量を入れ油となじんだら味噌、砂糖を入れ味噌がぐつぐつするまで良くかくはんする。
4. 照りが出たらすりゴマ、削り節を入れさらに混ぜ最後に残りの青シソを入れ火を止める。しっかり冷ましてから容器に入れる。
この味噌を使いナスの味噌炒り煮にしました。


長いもオクラの甘酒ドライカレー
材料
長いも 300g オクラ2袋 玉ねぎ 200g ニンニク 2かけ 合挽肉 300g
塩麹 大さじ2
  (A)トマトピューレ 大さじ3 カレー粉  大さじ2 ソース  大さじ1
     塩・コショウ 各小さじ1 ローリエ 1枚 甘酒 大さじ2

作り方
1、合挽肉に塩麹をまぶしておく。長いもはひげを取り除き、皮ごと1cm角に切る。オクラはへたを取り1.5cm長さに切る。ニンニクはみじん切りにする。
2、鍋にサラダ油大さじ2を入れ中火にかけ、中火にかけすぐにニンニクを炒める。香りが出たら玉ねぎと合挽を加え中火の強で炒める。
3、ひき肉に火が通ったらAを加え5分ほど煮る。長いもオクラ、酒大さじ4を加え、全体を混ぜる。蓋をして、弱火で5分間煮る。器にごはんと一緒に盛る。

重ね煮のミネストローネ

材料
玉ねぎ 1個 じゃがいも 1個 人参 1本 トマト 2個
ベーコン 100g ニンニク 1片ン ローリエ 1枚 オリーブ油 大さじ1
塩麹 大さじ1 水 5カップ コンソメ 2個 トマトソース 大さじ2
醤油 小さじ1 塩・コショウ 適量粉チーズ 少々

作り方
1、 鍋にオリーブオイル、にんにくを入れ、火にかけ香りが出たら玉ねぎ、じゃがいも、人参、トマト、ベーコン、ローリエ、コンソメ、塩麹、水2カップを入れ強火で煮る。
2、 野菜が煮えてから残り塩こしょう水を加え味を整える
3、 器に盛り粉チーズ、バジルをのせる。

わらび餅
材料
わらび餅粉50g 水200g こしあん100g
砂糖 20g きなこ適量 塩 少々

作り方
材料すべてを混ぜ、中火で練り込む、出来上がりを型に流し込み
食べる前に適当に切りきな粉をかける

※8月は教室はお休み致します。水分補給を忘れないで、この暑い夏を乗り切りましょう。

6月料理教室

6月は梅のシーズンですね。梅ジャム、梅ジュースを一度に作るやり方を勉強しました
ささみカツレツ、ラタツゥユ、梅ジャムのコールスローサラダ、きゃらぶき、蕎麦がき汁、ひじきとゴボウの梅煮、山椒ちりめん、梅ジュースゼリー、
6月料理教室.2


完熟梅ジャムの作り方
材料
完熟梅1K
グラニュー糖500g〜700g
作り方
1. 完熟梅を洗い、へたをとる。
2. 水に1時間漬けておく。
3. 梅をザルに上げ、鍋に入れ砂糖をまぶし30分以上置く。
4. 弱火にかけ15分ほど煮て混ぜる、さらに弱火で煮る、3〜4回ほどこの作業を続け煮立ってくると、あくが出るのでこまめに取ってゆく。
5. 梅が柔らかくなつてザルに開け梅汁と実と種をわける。
6. 汁は梅ジュース、実はこして梅ジャムに種はおしゃぶり種としていただきます。

梅ジュースのゼリー
材料
梅ジュース100cc
砂糖50g
アガー大さじ2と1/2
お水500cc
作り方
1アガーと砂糖をよく混ぜ合わせておく。
お鍋に水を入れ、よく混ぜ合わせから火にかける。
2泡立てないように優しく混ぜながら、沸騰直前で火を止める。梅ジュースを加え、
軽く混ぜ合わせておく。
3あら熱が取れたら容器に入れ、冷蔵庫で冷やして出来上りです、

5月料理教室87回

暑い日には食欲も落ちてきます。爽やかな味の夏ミカンすしで食欲も出ます。
又新玉ねぎは甘くて美味しいので簡単にできる万能ソースと酢玉ねぎを作りサラダや納豆麹と新玉ねぎの春巻きのソースに利用しました。又6月30日に食べる水無月(みなづき)を作りました。
IMG_20180520_150456

夏ミカンすしは
1、人参と干し椎茸をみじん切りにし椎茸の戻し汁1/2カップ、醤油とみりん薄味で煮ておきます。
2、合わせ酢は梅酢大さじ2、はちみつ、みりん各大さじ2を一煮立ちさせ酢大さじ4を粗熱が取れてから入れ、3合のご飯が熱いうちにあわせ酢を入れて、切るように混ぜ酢飯を作ります
3、その他の具は開きあじのほぐし身,(鮭)と今旬のソラマメ、夏ミカン、炒りゴマ、を一緒に混ぜました、きゅうり、アスパラ、なども混ぜてもいいと思います。
IMG_20180520_150604

来月は塩麹の作り方、減塩塩麹の作り方、トマト塩麹、利用の仕方を今一度おさらいをします。

第86回 4月の料理教室

4月の料理教室は旬の竹の子を使った重ね煮を作りました。
展開レシピとして
・竹の子重ね煮の焼きコロッケ(竹の子の食感がシコシコ美味しかったです)
・押し麦のリゾット風塩スープ(重ね煮と水、少々の塩だけで美味しく出来ました)
切干大根と干し椎茸の煮物
大根とリンゴの酢の物、合わせ酢(さしす酢大さじ3、梅酢大さじ1、醤油小さじ1)を使いました。
水菜のはりはりつけ浸し
草もちを作りました。
今日は長岡式酵素玄米ご飯の炊きたてをいただきました。
炊きたてもとても美味しいです。
IMG_20180421_150126


※竹の子をゆでる時、麹パウダーを入れてゆでるとえぐみもなく甘い竹の子になりました。
IMG_20160710_145121

11月の料理教室

11月の料理教室は精進料理のメニューになりました
IMG_20171119_193630

里芋の茶巾絞り
蓮根豆腐の揚げだし
車麩と根菜の揚げ煮
ほうれん草の磯和え
白菜と生姜の漬物
キウイのはちみつ漬け
そばの実汁
長岡式酵素玄米ご飯
蓮根豆腐は蓮根をすりおろし、くずで練り込みました。
銀あんをかけていただきました。
車麩と根菜の揚げ煮は少しの太白ゴマ油で車麩を素揚げして
その油で蓮根、にんじん、だいこん、ごぼうを炒め揚げにしました。
味をつけた煮汁に野菜を入れ柔らかくなったら車麩を入れ、煎り煮しました。
揚げてあるのでとてもコクのある煮物になりました。
記事検索