岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす

岡山市中区江並にある懐かしい自然食日替わりランチのお店「ふれんどはうす」では、長岡式酵素玄米ごはんと野菜の重ね煮、麹 (手作りの塩麹、醤油麹、甘酒)の発酵食品を毎日使って体にやさしいお料理を心をこめて作っています。

料理教室

謹賀新年 今年もよろしくお願いいたします

昨年不覚にも体調がすぐれずこのままだとダメと判断して12月20日から年明け
1月14日までお休みをいただきました。
粗食を10日間、1日2食を一汁一飯にすると体の中がリセットされ調子が整ってきました。
酵素玄米ご飯と具沢山のみそ汁で充分でした。
体調がすぐれないにはとき副菜は少なく食べること、自然食に関わっている先生は皆さんおっしゃいます。
その通りでした、体調も戻りました、1月15日からまたランチを作ります。
10日には麹も届くので色々仕込み皆様に元気にお目にかかれるよう頑張ります。
本年もよろしくお願いいたします。
12月の料理教室第92回
12月料理教室
芋きんとん
材料
さつまいも 300g
米麹甘酒 大さじ2
きな粉 大さじ2
塩 少々
作り方
1. さつまいもは柔らかくなるまで蒸して皮を剥ぎ、塩を加えフードプロセッサーでつぶしておく
2. 甘酒・きなこ・塩を入れ固めのペースト状にする
3. 計量スプーンの大さじ1杯分を取り、手でお団子のようにきれいに丸めたら出来上がり

人参とごぼうの昆布巻き
材料(4人前)
昆布 2枚
水 400ml
人参 1本
ごぼう 1本
醤油 大さじ1.5
みりん 大さじ2
昆布巻きを並べてから
追加するもの
だし汁 150ml
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
甜菜糖 大さじ2〜3
干瓢 少々
作り方
1. 昆布をさっと水につけて柔らかくします
2. ごぼうは昆布の幅に切り蒸し煮しておかく、人参はゆでておく
3. 干瓢をもみ洗いし、塩小さじ1で揉み熱湯をかけておく。
4. 昆布にごぼう人参を交互において干瓢で縛りますが昆布を煮ると膨らむのできつく結ばない。
5. お鍋に昆布巻きを並べだし汁汁を入れて弱火の中火で時々転がしながら煮ます。昆布が柔らかく煮えてから調味料を入れ弱火で煮含めてゆきます。豆腐は
6. 10分ほどで一旦火を止めて、次の日に10分煮出来上がりです。味がよくしゅんで美味しくなります。
精進伊達巻
材料
かぼちゃ 1/4個
木綿豆腐 1/4丁
塩小さじ 1/2
甜菜糖 小さじ2
粉寒天 小さじ1
作り方
1. かぼちゃ柔らかく蒸す豆腐はキッチンペーパーで包み重しをする
2. オーブン200度に予熱する
3. すべての材料をフードプロセッサーで滑らかにしオープンシートを敷いた鉄板にゴムベラなどで1.5僂曚匹吠燭砲靴董⇒焦したオーブンで25分〜30程度焼く。
4. 巻きすを広げて焼きあがった記事を逆さに乗せオーブンシートをはがし手前から巻いていき、輪ゴムなどをしてさます。

11月料理教室

11月はおからを使った精進レシピです。昨年から横山たか子さんのレシピでさしす酢を作つています。
いろいろな料理に使っていますがおからの酢の物。おからボールを作ってみました。

DSC_1009 (640x360)


精進おからボール豆乳ソースかけ
1 おから200gを鍋に入れだし汁、塩麹少々で炒り煮します。
  ミックスベジタブル120g混ぜます。
2 良く混ざったら、片栗粉大さじ2を加えてよく混ぜます。
3 小さいボールに成形します。。
4 片栗粉大さじ3をボールにいれ、3を全体に薄くまぶします。
5 180度の油で色よく揚げます。
6 豆乳ソースを作ります。豆乳100mlを鍋にかけ、酒大さじ1、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1〜2を加えて
  吹きこぼれないように気をつけながら3分ほど中火弱で加熱します。
7 片栗粉小さじ1と1/2を水大さじ1で溶き、沸騰した状態の6に少しずつ加えてよく混ぜ、とろみをつけます。
8 1分ほどかき混ぜたら火を止め、盛り付けたボールにかけ、レタス適量を添えます。
  もっちりとした食感で美味しいです。

おからの酢の物
1.鍋にだし汁、人参千切り、白滝、シメジ、塩麹を鍋に入れ蒸し煮します。
2.野菜が煮えておからを入れ適当な硬さになるまで炒め煮します。
3.きゆうりは小口切り玉ねぎは薄切りにしてさしすをかけしんなりするまで置いておきます。
4.3をよく絞り、さしす酢をかけ好みの味に仕上げてください。
 ※マヨネーズで和えても美味しい、サラダになります、

9月料理教室

9月料理教室

今日は凍らせ豆腐を使った料理、凍らせ豆腐の作り方と解凍の仕方それを使った展開レシピを勉強しました。凍らせ豆腐のハンバーグに凍らせ豆腐の根菜ミートソースをかけました。
また麹を使ったピーマン味噌を作り焼きナスにのせました。
甘酒を使ったナスのからし漬けを作りました。
また先日テレビで見た、だだ豆のお味噌汁、南京のサラダ、
今日も色々勉強できたと、皆さんに喜んでいただきました。
ピーマン味噌の作り方
今回は前回の作り方より麹をたくさん使い砂糖を少しにしました、甘さが後に残らず麹の甘さはナチュラルでした。

ピーマン麹味噌作り方
米麹…600g・ピーマン…1Kg・ 醤油…500cc みりん…300cc・
 タカのつめ 5本 砂糖100g
※調味料をひと煮立てさせて、麹をほぐして入れる、1晩そのままに
  種を取って細かく刻んだピーマンを加えとろ〜となるまで煮る。
※最初は強火でOK.、最後は、小さい火で煮詰め具合を見ながら。
 照りがでれば出来上がり
続きを読む

89回7月料理教室

今月は食欲の出るメニューにしました。
89回7月料理教室

青シソのピリ辛ゴマ味噌
材料
青シソ 200g(たっぷり) すりごま 100g 赤唐辛子 8本
味噌 500g 砂糖 150g 削り節 20g サラダ油 大さじ3 甘酒50g

作り方
1. 青シソは葉をくるくる巻いて細い千切りにしざく切りする。
2. 鍋にサラダ油と唐辛子を入れ中火で炒め焦がさないよう香り付けする
3. 青シソの半量を入れ油となじんだら味噌、砂糖を入れ味噌がぐつぐつするまで良くかくはんする。
4. 照りが出たらすりゴマ、削り節を入れさらに混ぜ最後に残りの青シソを入れ火を止める。しっかり冷ましてから容器に入れる。
この味噌を使いナスの味噌炒り煮にしました。


長いもオクラの甘酒ドライカレー
材料
長いも 300g オクラ2袋 玉ねぎ 200g ニンニク 2かけ 合挽肉 300g
塩麹 大さじ2
  (A)トマトピューレ 大さじ3 カレー粉  大さじ2 ソース  大さじ1
     塩・コショウ 各小さじ1 ローリエ 1枚 甘酒 大さじ2

作り方
1、合挽肉に塩麹をまぶしておく。長いもはひげを取り除き、皮ごと1cm角に切る。オクラはへたを取り1.5cm長さに切る。ニンニクはみじん切りにする。
2、鍋にサラダ油大さじ2を入れ中火にかけ、中火にかけすぐにニンニクを炒める。香りが出たら玉ねぎと合挽を加え中火の強で炒める。
3、ひき肉に火が通ったらAを加え5分ほど煮る。長いもオクラ、酒大さじ4を加え、全体を混ぜる。蓋をして、弱火で5分間煮る。器にごはんと一緒に盛る。

重ね煮のミネストローネ

材料
玉ねぎ 1個 じゃがいも 1個 人参 1本 トマト 2個
ベーコン 100g ニンニク 1片ン ローリエ 1枚 オリーブ油 大さじ1
塩麹 大さじ1 水 5カップ コンソメ 2個 トマトソース 大さじ2
醤油 小さじ1 塩・コショウ 適量粉チーズ 少々

作り方
1、 鍋にオリーブオイル、にんにくを入れ、火にかけ香りが出たら玉ねぎ、じゃがいも、人参、トマト、ベーコン、ローリエ、コンソメ、塩麹、水2カップを入れ強火で煮る。
2、 野菜が煮えてから残り塩こしょう水を加え味を整える
3、 器に盛り粉チーズ、バジルをのせる。

わらび餅
材料
わらび餅粉50g 水200g こしあん100g
砂糖 20g きなこ適量 塩 少々

作り方
材料すべてを混ぜ、中火で練り込む、出来上がりを型に流し込み
食べる前に適当に切りきな粉をかける

※8月は教室はお休み致します。水分補給を忘れないで、この暑い夏を乗り切りましょう。

6月料理教室

6月は梅のシーズンですね。梅ジャム、梅ジュースを一度に作るやり方を勉強しました
ささみカツレツ、ラタツゥユ、梅ジャムのコールスローサラダ、きゃらぶき、蕎麦がき汁、ひじきとゴボウの梅煮、山椒ちりめん、梅ジュースゼリー、
6月料理教室.2


完熟梅ジャムの作り方
材料
完熟梅1K
グラニュー糖500g〜700g
作り方
1. 完熟梅を洗い、へたをとる。
2. 水に1時間漬けておく。
3. 梅をザルに上げ、鍋に入れ砂糖をまぶし30分以上置く。
4. 弱火にかけ15分ほど煮て混ぜる、さらに弱火で煮る、3〜4回ほどこの作業を続け煮立ってくると、あくが出るのでこまめに取ってゆく。
5. 梅が柔らかくなつてザルに開け梅汁と実と種をわける。
6. 汁は梅ジュース、実はこして梅ジャムに種はおしゃぶり種としていただきます。

梅ジュースのゼリー
材料
梅ジュース100cc
砂糖50g
アガー大さじ2と1/2
お水500cc
作り方
1アガーと砂糖をよく混ぜ合わせておく。
お鍋に水を入れ、よく混ぜ合わせから火にかける。
2泡立てないように優しく混ぜながら、沸騰直前で火を止める。梅ジュースを加え、
軽く混ぜ合わせておく。
3あら熱が取れたら容器に入れ、冷蔵庫で冷やして出来上りです、
記事検索