岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす

岡山市中区江並にある懐かしい自然食日替わりランチのお店「ふれんどはうす」では、長岡式酵素玄米ごはんと野菜の重ね煮、麹 (手作りの塩麹、醤油麹、甘酒)の発酵食品を毎日使って体にやさしいお料理を心をこめて作っています。

料理教室

11月の料理教室

11月の料理教室は精進料理のメニューになりました
IMG_20171119_193630

里芋の茶巾絞り
蓮根豆腐の揚げだし
車麩と根菜の揚げ煮
ほうれん草の磯和え
白菜と生姜の漬物
キウイのはちみつ漬け
そばの実汁
長岡式酵素玄米ご飯
蓮根豆腐は蓮根をすりおろし、くずで練り込みました。
銀あんをかけていただきました。
車麩と根菜の揚げ煮は少しの太白ゴマ油で車麩を素揚げして
その油で蓮根、にんじん、だいこん、ごぼうを炒め揚げにしました。
味をつけた煮汁に野菜を入れ柔らかくなったら車麩を入れ、煎り煮しました。
揚げてあるのでとてもコクのある煮物になりました。

10月の料理教室

今月の料理教室は重ね煮を使って展開レシピです。
今日のおだしは炒り玄米と昆布のお出しです。
さらっとしていて体にやさしいだしです。
コロコロ重ね煮を作りました。
玄米昆布だしを使ってとてもあっさりと塩味だけのすまし汁です。
豆乳をコロコロ重ね煮に混ぜてベジタブルポタージュを作り、
ご飯に混ぜてリゾットにしました。
小麦粉や牛乳を使わない野菜だけのソースで、胃にもやさしく、
老人食、離乳食にもおすすめです。
豆腐ステーキ野菜あんかけ(生姜、玉ねぎ、人参、牛蒡の重ね煮であんかけにしました。)
ごぼうの丸煮は柔らかくしっかり煮てあるので、食べて繊維を感じさせません。
みじん切りにしてチャーハンに、ごぼうのハンバーグにも利用できます。
今日は一口に切り白ネギと一口カツにしました、白ネギの甘さと柔らかいお肉のような食感のゴボーがとても美味しかったです。
ピーマンのカラフルきんぴらこれも重ね煮レシピです。
重ね煮を煮る時すべて塩麹が食材のうま味を引き出すために少量使っています。

10月の料理教室

9月料理教室

2か月のお休みいただき。9月は2014年にゴマだし麹の作り方を勉強いたしていますが、それ以降の方も多いので、色々利用方法も増えてまいりました。とても重宝しているゴマだし麹「ふれんどはうす」のオリジナル作り方と使い方を勉強いたしました。作り方をしっかり勉強していただいたので、再度作って見ると皆さんやる気でした、うれしいです。

9月の料理教室

9月の料理教室
2
ゴマだし麹のお鍋
車麩と根菜のゴマだし麹煮物
根菜と車麩のゴマだし麹の煮物コクがあり美味しいです
麩入り鶏団子ゴマだし麹鍋
麩が入ってふわふわの鶏団子介護食にも向いています。
ゴマだし麹

美味しいゴマだし麹のポイントは麹を糖化させてからつくります。

6月の料理教室

6月の料理教室は醤油麹作り方と使い方の勉強をしました。

6月の料理教室

メニュー
夏野菜と豆の重ね煮カレー(米粉とカレー粉を炒めル―にしました。隠し味に醤油麹を入れました)
醤油麹ベース
長いもの醤油麹漬け(長いも300g 醤油麹大さじ3)
パプリカのニンニク風味漬け
(パプリカ赤、黄各1個 ニンニク1カケ 醤油麹大さじ2)
きゅうりの生姜風味漬け(きゅうり3本、生姜1カケ 醤油麹大さじ2)
新玉ねぎのジャコ風味漬け
(玉ねぎ小2個 ちりめんじゃこ大さじ1 醤油麹大さじ2)
大根のゴマまぶし漬け
(大根1/4、白すりごま大さじ1、醤油麹大さじ3)
お漬物は適当に小口切りや千切り、一口乱切りにして醤油麹を袋に入れてモミモミして一晩置いてるだけで美味しく出来ます)
醤油麹を使った棒々鶏ソース
そうめんつゆのつけ麺で食べても美味しいです

5月の料理教室

5月の料理教室
メニュー
簡単チャーシュー作り方
ふれんど流煎り酒作り方
・チャーシュウと大根サラダ
煎り酒を使って
・ピーマンのきんぴら
・にらもやしナムル
簡単ゴマ豆腐
煎り酒作り方
小鍋に日本酒、梅干し(種ごと)、だし昆布を一晩漬けておき、日本酒が半量位まで煮詰め、最後にカツオを入れ、5分ほど弱火で煮ます。火を止め粗熱が取れたらペーパーを敷いたザルで濾します。
煎り酒2
煎り酒濾して出来上がり
煎り酒
濾したカツオは梅をたたき梅びしを作りました。
梅びしお
記事検索