岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす

岡山市中区江並にある懐かしい自然食日替わりランチのお店「ふれんどはうす」では、長岡式酵素玄米ごはんと野菜の重ね煮、麹 (手作りの塩麹、醤油麹、甘酒)の発酵食品を毎日使って体にやさしいお料理を心をこめて作っています。

醤油麹

5月料理教室97回

5月の料理教室
自家製だし醤油に麹を加え「だし醤油こうじ」を作りました。
材料
生麹650g、醤油900ml、昆布15センチ角、一番だし2袋、みりん250g
作り方(保温器を利用して作ります)
保温器に材料すべてを入れ、ふたを開け、付近をかけて6時間〜10時間保温する。おかゆのようになれば出来上がり。保存は冷蔵庫で、3か月保存可能
使い方
色々ブレンドして和え物、たれ、焼きそばソース、などアイデア次第で色々使える美味しいだし醤油麹です。
ひしお醤油麹も同様にして作れます。

20190518_133455

その他グリーンピースの松風、甘酒アイス、ひしお麹の醤油麹、減塩ひしお麹など作り、あえ物などに利用しました。

  6月、7月、8月の料理教室はお休みいたします。

特別注文のお弁当

鮭は減塩塩麹に一晩漬けています。
鮭の減塩塩麹焼き、ふきと人参の白和え、塩麹きのこ、エンドウの切干大根とエノキ、揚げの煮物炒め、豆とおからの酢の物、煮物は(ひりょうず、牛蒡、人参、サトイモ、こんにゃく、干し椎茸、ソラマメ、)すべて味を変えて煮ています。、大根、キュウリの玄米麹漬、長岡式酵素玄米ご飯、
5月23日菅波千円

6月の料理教室

6月の料理教室は醤油麹作り方と使い方の勉強をしました。

6月の料理教室

メニュー
夏野菜と豆の重ね煮カレー(米粉とカレー粉を炒めル―にしました。隠し味に醤油麹を入れました)
醤油麹ベース
長いもの醤油麹漬け(長いも300g 醤油麹大さじ3)
パプリカのニンニク風味漬け
(パプリカ赤、黄各1個 ニンニク1カケ 醤油麹大さじ2)
きゅうりの生姜風味漬け(きゅうり3本、生姜1カケ 醤油麹大さじ2)
新玉ねぎのジャコ風味漬け
(玉ねぎ小2個 ちりめんじゃこ大さじ1 醤油麹大さじ2)
大根のゴマまぶし漬け
(大根1/4、白すりごま大さじ1、醤油麹大さじ3)
お漬物は適当に小口切りや千切り、一口乱切りにして醤油麹を袋に入れてモミモミして一晩置いてるだけで美味しく出来ます)
醤油麹を使った棒々鶏ソース
そうめんつゆのつけ麺で食べても美味しいです

10月の料理教室

今月は蓮根ボール野菜あんかけ
ピーマンのカラフルきんぴら
高野豆腐を使った野菜スープ
炒り大豆の作り方
炒り大豆を使ったいりこ豆を作りました
10月の料理教室


炒り大豆
材料
大豆250g
作り方
.大豆をたっぷりの水に一晩浸して戻す。
オーブンの天板にオーブンペーパーを敷いて,鯤造180°で50分焼く。1つ食べてみてカリッとしていれば出来上がり。そのままオーブンで冷ます。
※電気オーブンの場合はガスオーブンの倍の時間がかかるので、必ず食べてみてたしかめる。
※オーブンの中でそのまま冷ますことで中までカリッとなる。

炒り大豆を使って
いりこ豆
材料
炒り大豆…1カップ、無塩いりこ…40g、醤油麹…大さじ2、みりん…大さじ2 
炒りゴマ…大さじ2
作り方
いりこはフライパンに入れて空炒りし、いつたん取り出しておく。
フライパンに醤油麹、みりんを入れて、煮詰める、あめ状になったら入り大豆、
  いりこを一気にからめ、バットに取り出してからゴマを振る。

6月の料理教室

6月は塩麹、ゴマだし麹、長野県郷土研究家、横山タカ子さんのさしす酢をつかったレシピをしました

F1010367


さしす梅の漬け方、完熟梅1K、氷砂糖300g、粗塩100g、酢4カップ瓶に順番に入れて漬けます。
沢山の梅酢が出来たので、
さしす酢をつかって豆乳マヨネーズ
(豆乳1カップ、オリーブ油160ml、さしす酢大さじ3、塩麹大さじ4)をミキサーでかくはんするだけ、おいしい豆乳マヨネーズが出来ます。
又キャベツと人参のさしすもみサラダ感覚でたっぷり食べれます。

塩麹豆腐のカプレーゼ風

納豆麹の玉ねぎサラダ(玉ねぎの薄切りと納豆麹を混ぜるだけ)展開レシピにチーズを入れ揚げに詰めて焼きました。

あかねっこの黒豆茶ともち麦、塩麹のご飯、茶の香ばしい香りのご飯が出来ました。夏にぴったりのご飯です。

夏野菜の豚汁、塩麹に漬けた豚をさっと湯がし、ごま油でキュウリを炒め、トマト、みょうが、の味噌汁を作り最後青シソをのせていただきました。

インゲンと人参のさっと煮の重ね煮でゴマだし麹の胡麻和えです。

ドリンクは赤シソジュースの作り方と試飲していただきました。
記事検索