岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす

岡山市中区江並にある懐かしい自然食日替わりランチのお店「ふれんどはうす」では、長岡式酵素玄米ごはんと野菜の重ね煮、麹 (手作りの塩麹、醤油麹、甘酒)の発酵食品を毎日使って体にやさしいお料理を心をこめて作っています。

ゴマだし麹

9月料理教室

2か月のお休みいただき。9月は2014年にゴマだし麹の作り方を勉強いたしていますが、それ以降の方も多いので、色々利用方法も増えてまいりました。とても重宝しているゴマだし麹「ふれんどはうす」のオリジナル作り方と使い方を勉強いたしました。作り方をしっかり勉強していただいたので、再度作って見ると皆さんやる気でした、うれしいです。

9月の料理教室

9月の料理教室
2
ゴマだし麹のお鍋
車麩と根菜のゴマだし麹煮物
根菜と車麩のゴマだし麹の煮物コクがあり美味しいです
麩入り鶏団子ゴマだし麹鍋
麩が入ってふわふわの鶏団子介護食にも向いています。
ゴマだし麹

美味しいゴマだし麹のポイントは麹を糖化させてからつくります。

鮭の塩麹焼き

ひさしぶりの更新です。元気に毎日日替わりランチを作っています。
塩麹、甘酒、醤油麹、ゴマだし麹、など使った料理の展開レシピ、
使い方広がっています。
鮭の塩麹焼き

鮭を減塩塩麹に一時間漬けこみ焼いています。火加減に気をつけて焼くのがポイント、たっぷりのおろし大根と醤油麹をのせて食べてください。、
ほーれん草のゴマだし麹和え、すり鉢にゴマだし麹と炒りごまを入れ少し粘りが出るくらいすります、ゴマの香りが食欲をそそります、

11月の料理教室

これからの季節はあったかお鍋、おでんなど体があったまる物がほしいですね。
麹を使ったお鍋は簡単で体にやさしく免疫力アップします。
塩麹を入れて大根を煮ると早く柔らかくそしてうまみもアップ、煮物には塩麹は欠かせません。
今月はゴマだし麹をつくって使い方のお話とゴボーと人参の蒸し煮ゴマだし麹は隠し味で和えものに
ゴマだし麹と塩麹とお水だけのおでんです。今まで食べたことのない美味しい
おでんだとつゆまできれいにいただきました。
今月のメニューは
ゴマだし麹の作り方「麹をふっくらできたてに近づける一工夫で美味しく出来ます」
塩麹入りかぶら蒸し、
塩麹と甘酒、オリーブ油のドレッシングの「みず菜と柿のサラダ」
ゴマだし麹のおでん、
長岡式酵素玄米ご飯

11月料理教室

ゴマだし麹
記事検索